News

JPモルガン社長の秀逸すぎる言葉

とある記事より。。。

JPモルガン社長が本当に言ったかどうかは別として、お金持ちと結婚したい美女への質問への回答がおもしろのでご紹介します。

美しく品があり、センスのある女性がどうしたら年収4000万以上の人と結婚できるかという問いを大金持ちのモルガンの社長に問うのです。

http://news.livedoor.com/article/detail/6892573/

『細かいことは抜きにして、あなたがやろうと思っていることは「美」と「お金」の交換です。Aさんが美を提供し、Bさんがそれに対してお金を払うのです。フェアでわかりやすいですね。』※社長の言葉引用

答え『あなたと結婚するのは悪い決断です。理由はとても単純です。説明しましょう。』と続いていてその中身が面白い。

今魅力的な美という資産は未来に向かって価値を失うけれど、お金の価値そのものは変わらない、だからNOという答えなのです。

この女性は本質的に考え方が間違っているという事ですよね。

以前のエントリーにもありますが、『恋人としてより人として』という恋愛のブレスレットの中の意味にもありますように

常々、碧誇寧先生が本質に向けて作る作品の感性の中にも、まさに時間とともに失ってしまう物だけを武器にしてはいけないと言うのがあります。

そんな人としての中身を磨き、外見への努力も怠らない人でなければいけないは、バランスという哲学でもあります。

素敵な女性より、素敵な人であるべきなのですね!

30